送られてきた時の印象が段違いの封筒印刷をより良く活用!

封筒印刷

封筒印刷は印刷機の使い分けが大事

細長い封筒

封筒印刷を行う際、使用用途により印刷機を使い分けると、クオリティーの高い完成品が期待できます。会社全体で使う封筒を発注するなどのときは、オフセット印刷機を使うのがベストです。仕上がりも美しく、コスト的にも大量印刷に向いています。作業時間については、業者により差があります。早いところは数時間以内、というところもあります。ただ、追加料金などがかかることがあるので注意が必要です。
とにかく、スピード。質は多少目をつむっても、早くほしい。その場合はする量により使用する機械が分かれます。大量部数ならこれもオフセット印刷機が向いていますが、少部数ならオンデマンド印刷機も選択肢に入れるとよいでしょう。これはカラープリンタの延長線上にある機械で、少部数ならコスト的にはオフセット機よりパフォーマンスが優れています。
また、部署ごとに少部数ずつほしい、などという場合にもこちらがお勧めです。多品種、少部数印刷はオンデマンド機の得意とするところです。封筒に宛名などをいれて、発送作業の手間を省きたい、というならオンデマンド機になります。オフセット機ではこの作業は事実上不可能です。印刷業界では「バリアブルプリント」などと呼ばれ、オンデマンド機の特徴を示すものとなっています。
このように、用途により使用する機械を使い分けることは重要です。発注時にどの機械が使用できて、どれくらいのコストがかかるか、確認してみましょう。